ペットシーツの正しい選び方。80cm?特大?人気のペットシーツも紹介!

大好きなペットが室内でトイレをすませる際にペットシーツって何を基準にして選べばいいんだろうって思った方もいるんじゃないでしょうか?間違った商品を買ってしまうとペットの性格によって使いたくないペットシーツもありお漏らしや最悪な場合、膀胱炎にもなりかねません。放置していると愛犬だけではなく飼い主さんにも健康に影響が出てしまうなんて事もあります。今回は愛犬に合ったペットシーツの選び方を紹介していきましょう。

>>ペットシーツの人気ランキングTOP10!【楽天】

ペットシーツには薄型と厚型、小さめのレギュラータイプから特大のスーパーワイドタイプまであります。

これらを正しく選ぶ事で室内の環境が断然良くなり、愛犬だけではなく家族の健康に影響が出るんですよ!
よく販売されている3つのサイズから特徴を挙げていきましょう。

レギュラータイプ(小型犬)
・単独飼育者向け
・1枚単価が一番安い
・小さいからゴミがかさばらない
例、チワワ、トイプードル、イタリアングレーハウンド

ワイドタイプ(小型犬、中型犬)
・多頭飼育者向け
・留守の時間が長い場合もOK
・レギュラータイプよりゴミはかさばる
例、コーギー、ビーグル、柴犬

スーパーワイドタイプ(大型犬、超大型犬)
・吸水性が非常に優秀
・1枚単価が一番高い
・でかいからゴミ箱がパンパンになる
例、ダルメシアン、イングリッシュセッター、ジャーマンシェパード

この他にも特大サイズや50cm×80cmの極厚など製品によって様々な特徴を持っています。
中にはレギュラータイプを並べてワイドタイプで使う工夫した飼い主さんもいます!
また、犬の習性で用を足す時に匂いを嗅ぎながら周囲を回るので愛犬よりも少し大きめのシーツを選びましょう。
愛犬の2,3倍の大きさのシーツがちょうど良いです。

もう一つ、薄型と厚型の違いとしては

薄型
吸収量は少ないけど頻繁に変える事で匂いを防ぐ
頻繁に替えるので価格が安い

厚型
吸収量が多く数回分もつため留守番の時に活躍
分厚い生地なので価格は高め

飼い主さんの生活スタイルに合わせた選び方で左右されますね。

他にも柄がついたタイプ、匂いがついているタイプ、炭で脱臭するタイプもありますが神経質な性格の犬では使ってくれない事があるので特徴的なペットシーツは少ない数で購入する事からはじめましょう。

今回は一般家庭で飼育頭数が一番多い、小型犬サイズの薄型レギュラータイプと薄型のワイドタイプを紹介します。

このペットシーツのレギュラー、ワイドの両タイプに共通している点は頻繁に交換して室内を清潔に保つ薄型である事
もちろん、匂いの発生を防ぎワイドタイプなら多頭飼いにも適しています。

では実際に使ってみたユーザーの口コミはどうでしょうか?
・吸収性が良くて尿漏れもないので安心できます。
・安いシートだから品質が心配でしたが滲みもなくて匂いも少なかったです。
・ミニチュアダックスを4頭飼っていますが頻繁に変えてもシーツの数が多くて助かっています。
・ゴミ捨てがかさばらないから楽で助かってます。
・うちの犬、いたずらでひっかくんですけどボロボロになりにくいです!

こういった様々な意見の中で5点満点のレビューの数が20000を超えてます!
一度使ってみたいですね。

まとめ
サイズから厚さに加えて色や脱臭効果と調べてみるとペットシーツって数が多くて選ぶのがむずかしいなぁと思ったりする人もいると思います。
室内の環境を良くする事によって愛犬や自身に対しても健康を維持するためにも正しい選び方が必要です。
快適な暮らしをするためにも相性の良いペットシーツを見つけてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする