ショートスリーパーに憧れる

ずっと前から、ショートスリーパーにあこがれてます。

1日3時間睡眠とかで、昼も夜も元気に過ごす。

ガッツリ仕事もして、夜は夜で自分の好きなことに熱中する。そんな生活ができるようになりたい。

tuki

1日3時間睡眠+仮眠ですごしているという人の本を読みながら、いろいろとやってみるも、そううまくは行かず・・

そうこうしていると、この前ネットで見つけたブログ。ショートスリーパーになるための指導をしているという人がいて、その人の睡眠時間は1日45分。

武井壮か!いやいや、45分はうそだろ。

メルマガがあったから、登録してみて、本も買ってみた。

どうやら、その人は本当に毎日45分しか寝ないらしい。そして、その塾?の講師陣も睡眠時間は60分とか、90分とか・・

時間有り余ってるんじゃなかろうか。

こんなに寝なくても平気な人がたくさんいるんだったら、3時間睡眠位ならいけるんじゃないか?本気でそう思えてきた。

とりあえず、その本に書いてあった、短眠習得のための生活習慣をとりいれてみる。まあ、これが結構きびしいんだけど。

酒は飲まない。

起きる時間を固定。2度寝は絶対にしない。

1日2回は、15分の仮眠をとる

食事の量は少なくする

これが、睡眠時間を少なくするためのコツ、というか技術

で、昼間に眠くなってきたときは

コーヒーなんかを飲む。

深呼吸や軽い運動で、脳に酸素を送る。

あとは・・なんだっけ。まあ、こんな感じです。

この中で、今までの経験上、一番難しいのは「2度寝しない」

早起きしようとしても、いつも挫折するんだけど、原因は2度寝するからだ。

それを「絶対するな」と言われても・・ねぇ。

なんともそこは難しそうなので、ブログから質問してみました。

「2度寝しないために、何かいい方法ないですか?」って。

そうしたら、返事が来たんです。

「おーーー、返事来たよ」とかちょっとよろこぶ。

そしてそこに書かれていた、2度寝防止のアドバイスは

「布団からでて、歩かないといけないところに、目覚まし時計をセットしてみてください」

・・・・

・・・・

すごくもっともなんだけど・・・これでも2度寝するんだな、俺は。

枕元、リビング、風呂場の前、と電波時計で同じ時間になるようにセットして、

「起きたらすぐシャワーを浴びるぜ作戦」をやっていたことがあった。

ぼーっとしててもシャワー浴びたら、なんとななるだろ、ってことで。

でも、少しすると

3つの目覚ましをすべて止め、何事もないように布団に戻って寝る自分が・・

どんだけ起きたくないんだ。

「早起きしてやりたいこと」

「早起きしないといけない理由」

ここを考えて、しっかり頭に刷り込まないとだめだな、と今になって思う次第です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする