灯油を服にこぼしたら?超カンタンな臭いの取り方、絶対にやってはいけない事とは?

灯油を入れていて、うっかり服にかかってしまったらどうする? 超カンタンに服にこぼした灯油の臭いを取る方法や、洗い方を紹介。

まず最初に、絶対やってはいけないことが1つあるので、それから話しましょう。

それは・・・「洗濯」です。

「灯油かかっちゃった、早く洗わなきゃ」と焦って洗濯機に服をいれ、急いで洗濯。

これ、最悪です。私はやったことあるんですが(笑)

灯油は洗濯しても落ちません。それどころか、洋服全体が灯油臭くなります。他のものも一緒に洗ったりしたら、それも全部灯油の臭いになります。

さらにさらに、洗濯機の中も灯油臭くなります。ほんと、最悪です(経験済み)

なので、「洗濯機で洗う」はNGです。

スポンサーリンク
YDN用レクタングル

じゃあ、カンタンに灯油の臭いを取るには?

まず最初にすることは「風通しのいい場所に干す」これだけです。

灯油は揮発性なので、ほったらかしておけば蒸発していきます。臭いが気にならなくなるまで干して置いて下さい。2,3日ほったらかしておく位のつもりで。洗うのはそれからです。

洗うときは、台所用洗剤

干しておくだけで、ほぼ臭いはなくなると思いますが、気になるときは洗いましょう。

でも洗濯機はダメですよ。手洗いです。

で、そのときは洗濯用の洗剤じゃなくて、油汚れに強い台所用の洗剤をつかうのがおすすめ。

でも本当に私がおすすめするのは、洗剤じゃなくて「アルカリ電解水」ですね。

ふだん、コンロ周りの掃除用に、激落ちシリーズのアルカリ電解水を常備しているんですが、これはビックリするくらい油汚れに効きます。コンロの周りはスプレーでシュシュッとかけて拭き取るだけ。

魚を焼いた後の網や受け皿も、シュッとかけるだけ。油が溶けるような感じですね。

ちょっと話がそれましたが、これを灯油がかかった部分にスプレーして、お風呂の残り湯で手洗いしたりしたら、もうバッチリです

最後の手段はドライクリーニング

まあ、なんやかんややってみたけど、なんか臭う気がする、とか

手洗いできない服だから、という場合はドライクリーニングに出しましょう。

ドライクリーニングは、油で洗うので油汚れは落ちます。

一応、クリーニングに出す時に「灯油がかかったんですけど」と伝えておくといいですね。

まとめ

毎年冬が来るたびに、一度はやらかす私の経験から言わせてもらえば、とりあえず干しておく。これが一番です。

いやー、あわてて洗濯機であらったあとの面倒くささときたら・・・・絶対やらないでくださいね。ではでは。

スポンサーリンク
YDN用レクタングル
YDN用レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする