二度寝しない方法、いまはこの対策で二度寝防止してます

毎朝4時に起きようと思っていろいろやってたんですが

いまではすっかり朝がつらくなくなってきました。

前は、どうしても2度寝してたんですね。

なのでここでは、僕が2度寝せずに起きられるようになった方法を書いていきたいと思います。

「起きてからやることを決めておく」

これってすごく大事なことで

何もすることがないのに早起き、っていうのは難しいんです。

ひまなら寝ておいた方がいいですからね。

前日の夜に「明日は起きたらこれをやる!」と決めておくだけで

起きた瞬間の気持ちがかなり違ってきます。

遠足の日の子供がめっちゃ早起きするのに近い状態を作る(笑)

僕は最近、起きたらとりあえず外に出て、30分くらい歩くようにしています。

体と脳を目覚めさせるため。

「アラームは2個用意する」

今は1個しか使ってませんが、

初めのうちは2個用意してました。

電波時計だったら、同じ時刻に同時に鳴り出します。これを利用

1個は枕元に、もう1個は歩いていかないと止められない場所に。

そこに着替えを用意して置いておきます。

「電気をつけっぱなしにしておく」

これは、無駄遣いはイヤとかそれぞれ考え方があると思うんで

気にならないならやってみてほしいんですが

2個目のアラームを置く場所の、電気をつけたまま寝ます。

僕でいうと、寝室はもちろん真っ暗に

洗面所の電気をつけておいて、そこに2個目のアラームを置く。

起きてアラームを止めに行くと、まぶしいわけです。

光を見ると、けっこう覚醒します。

睡眠関係の本を読むと「起きたら朝日をあびましょう」的なことが良く書いてありますが

あれと同じです。

「寝る前がけっこう大事」

起きたらやることを決めておく、につながることですが

寝る前に自分に言い聞かせることが効果的です。

二度寝はしない、起きたらこれをやる。

繰り返し自分に言い聞かせます。

同じ例でいうと、子供に「明日は遠足だから早く寝なさい」

というような感じ。

自分に対して「朝起きる」ことと「起きてからやること」をきちんと教えておく

脳に言い聞かせておくんです。

スポンサーリンク
YDN用レクタングル
YDN用レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
YDN用レクタングル