また夜か・・・毎日眠れない人に試して欲しい7つの習慣

布団に入ってもぜんぜん眠れない。

日が暮れてくると憂鬱になる。

仕事のストレスなどもあったと思いますが、睡眠がうまく取れず、悩んでいた時期がありました。

いろんな方法を試してみて、今はまた快適な夜を過ごしています。

ここでは眠れない人に取り入れて欲しい7つの習慣を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
YDN用レクタングル

寝付きを良くするためにやってみて欲しいこと。

1・布団に入る1時間前までに、ぬるめのお湯につかる

e81e39301e0c48cab58aca1c38151bc8_s

風呂にはいって体温を上げます。出て1時間くらいすると、その体温が下がる。
そのタイミングで眠気が発生するという体の仕組みを利用します。

ただ風呂の温度があつすぎると、逆に体が覚醒してしまうので39度くらいがオススメ。

本でも読みながら15分以上は浸かっておきたいです。

2・布団の上でストレッチ

5c6e5a2201658adfc003edf9170190ae_s

そんなにガッツリやる必要はありません。手の先、足先を自分の方に引っ張って伸ばす。
股関節をパタパタ動かす。それくらいでOK
血流が良くなってすっきり眠れます。

3・不安や悩み事があるときはノートに書く

note

私はいつも枕元に、ノートとボールペンを置いています。
で、そのときに悩んでること、気になってることなんかを書き出すことにしています。

それを眺めて「よし、明日考えよう」と思うと寝ながら色々悩まなくてすみます。

4・サプリを飲んでみる

IMG_0735

筋トレする人がプロテインを飲んだりするように、休眠サプリというジャンルのサプリメントがあります。

リラックス成分やストレスを減らす成分で作られていて、飲むのと飲まないのでは大きな違いを感じます。

色んな商品がありますが、私は潤睡ハーブというサプリを常備してます。

5・呼吸を整える

kokyu

478呼吸法、って聞いたことありませんか
「4秒鼻から吸って、7秒息を止めて、8秒かけてゆっくり口から吐く」

ゆっくり呼吸するのって、慣れてないと最初は苦しくなったりしますが、すぐ平気になります。
この呼吸には副交感神経を優位にする作用があって、これだけでも寝落ちしてたりします(笑)

反対に、寝る前にやってはいけないこと

さっきまでのは、よく眠るための方歩でしたが、ここからは「寝る前にこれはNG」というもの

習慣になってる人は、頑張ってしばらく我慢してみてください。

1・寝る前のアルコール

sake

お酒を飲んで寝るのは、睡眠ではなくただの気絶と一緒。睡眠に関する本に書かれていたことです。

一時期アルコール依存気味で、ベロベロになるまで飲んでから寝ていた時期があったので、よくわかります。

意識が飛んで、気づいたら朝。でも体はだるいし頭はぼーっとするし。

お酒を飲まないと眠れないんだったら、飲まずに徹夜したほうがまだマシ、と今では本気で思います。

2・ブルーライトを見ない

kakusei

PC、スマホ、iPad。これらから出るブルーライトは脳を覚醒させる働きがあります。

ブルーライトの刺激は、3時間も持続するという話もあります。

布団の中でLINEなんてのは完全にNGです。

 

まとめ

私が快適に眠るために実践していることを紹介してみました。いかがでしたか?

「あ~知ってる知ってる」という事もあったかもしれませんが、実際にやっているかどうかが大切だと思います。1つずつでもいいので、試してみてください。ではでは。

スポンサーリンク
YDN用レクタングル
YDN用レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする