同棲カップルの生活費は平均いくら?内訳や分担の割合はちゃんと話し合うべし

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これから同棲しようと思っている方は、生活について具体的に考えていますか?

同棲は今までの付き合っていた頃とは違い、一緒に生活するわけですので金銭面や分担などをしっかりと決めておかなければいけません。

最初に決めておかず、あやふやにして同棲生活を始めてしまうことで金銭面や家事の偏りでトラブルになり、破局してしまうこともあります。

別れた後でも借りた家をどうするか、家具や家電はどうやって分けるかなどトラブルが起きることが多いのです。

今回は、同棲を始めようと思っているカップル向けに、リアルな生活費の内訳や分担についてご紹介します。

同棲カップルのリアル生活費、内訳はこんな感じ

同棲するとなると、やはり生活費が気になりますよね。

まずは同棲カップルの平均的な生活費と、その内訳について見ていきましょう。

・家賃・・・90,000円(2LDK)

・駐車場・・・10,000円

・ガソリン代5,000円

・食費・・・60,000円

・電気代・・・5,000円

・ガス代・・・3,000円

・水道代・・・2,000円

・交際費・・・20,000円

・医療費・・・6,000円

・交通費・・・10,000円

・通信費・・・20,000円

・雑費・・・10,000円

合計 241,000円

同棲の場合だとだいたいこれくらいが必要になります。

車を持つことも多いかと思いますが、その場合は駐車場代やガソリン代がかかります。

最低でもこれくらいはかかると見積もっておきましょう。

同棲中の生活費、分担は彼氏多め?家事は女性任せだよね?

では、同棲中の生活費や家事の分担はどのようにするべきなのでしょうか。

私は実際に同棲をしていたとき、お互い働いていたので生活費は折半でした。

生活費に関しては給料が違うと思うので、多い方がすこし生活費を多く払う、というのもよいかもしれません。

金銭面のことはお互いが納得するまでしっかりと話し合って決めることをおすすめします。

そして、家事の分担に関しては基本的には同じくらいの負担で良いかと思います。

男性側が家事が苦手、と言う場合には料理を女性が担当、皿洗いを男性が担当など、できることを多めに振り分けるのがおすすめです。

家事はどうしても女性に偏りがちなので、しっかりと分担を決めておきましょう。

私は分担を決めないで同棲を始めたので、最初は手伝ってくれていましたがだんだんと洗濯も掃除も料理も自分でやっていた、と言う状況になりました。

それではストレスも貯まってしまいますよね。

生活費を男性側が多めに払っているのであれば、女性が少し家事の負担を多くする、というのは良いかと思います。

まとめ

今回は、同棲を始めようと思っているカップル向けに、リアルな生活費の内訳や分担についてご紹介しました。

生活費や分担について、これらを参考にしてしっかりと事前に話し合い、決めておくことが大切です。金銭面や家事についてできるだけトラブルなく、仲良く過ごせたら良いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする