同棲したら家賃は折半?同棲カップルのリアル生活費事情

スポンサーリンク
スポンサーリンク

同棲を始めるときは、部屋を決めて家具や雑貨を選び、買いそろえるのでとても楽しいですしワクワクですよねー。

でも、同棲といっても金銭面はしっかりとしなければ危険です。

同棲して少ししか経っていないのに金銭面でトラブルになり同棲解消、別れなければならなくなった、という話も同性カップルあるあるの1つ。

そこで今回は、同棲を始めようと思っているカップル向けに、同棲中の生活費と家事の分担についてご紹介します。

同棲中の生活費はどう管理する?共同財布や支払い用口座をうまく使う

同棲中は、生活費をあいまいにするとトラブルになってしまう原因になります。

お金の話はしづらい物ですが、最初にしっかりと話し合って決めておきましょう。

私は実際に同棲をしていた経験がありますが、支払用の口座を新たに開設しました。

家賃や光熱費、水道費などは折半して決めた額を支払用の口座にそれぞれが期日までに入れておきます。

お互いに働いていて、休みがあわなかったりして代わりに払っておいて、などということがあると、どちらかが代わりに立て替えて払ってわすれてしまうこともあります。必ず折半の場合はそれぞれが払いに行った方がいいでしょう。

また、共同の財布を持つのもおすすめです。

出かけるときなどに同じ額、または決めた額を入れて出かけると、出先でどちらが払うか、多く払うかなどと面倒なことが起こりません。

お支払いがスマートに出来るとデートも円滑にすすむでしょう。

お金のトラブルはとても多いです。

これらを最初にきちんと話し合っておくことで同棲生活がスムーズにできます。

同棲前に家事の分担も決めておく。女性がして当たり前と思っている男には注意

同棲する前には、必ず家事の分担も決めておきましょう。

男性は、実家で母親が全部やってくれていた、と言う場合も多いでしょう。

そのような場合、できないからなどと理由をつけてすべてを女性にやらせて罪悪感もない、ということが生じる可能性が高いです。

これを未然に防ぐために、しっかりと家事の分担を決めることが大切です。

もちろん仕事などで時間が合わずできないときには臨機応変に対応することが大切ですが、できるだけ自分のことは自分でやる、ということを心がけさせましょう。

甘えさせるとそれが当たり前になってしまうので、注意が必要ですよ。

まとめ

今回は、同棲を始めようと思っているカップル向けに、同棲中の生活費と家事の分担についてご紹介しました。

同棲中は生活費をしっかりと管理して、家事の分担も偏らないように決めておくことが大切です。

素敵な同棲生活を送って下さいね~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする