寝る前にコーヒーが飲みたくなる! 夜のコーヒーのメリットや効果をまとめてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!
現在、育児中30代の専業主婦です。
毎日、バタバタと忙しい毎日を送っています。

ゆっくりできるのは、子供が寝た後…
やっと自分の時間ができて、ホッと出来ます。

そんな、ホットできる時に飲みたくなるのが、コーヒー。

でも、夜にコーヒーってどうなの?っと思ってしまいました。
カフェインが入ってるから良くないのかな
なんて思っている方が多いのではないでしょうか?

なので、私なりに調べてまとめてみたので、
お役に立てたら嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

寝る前のコーヒーに驚きの効果が!太るとか痩せるとかどっちなの?

寝る前にコーヒーを飲むとどんな効果があるのでしょう。
太るとか、痩せるだとかそんな話もあるらしいですが…
実際どうなのでしょう。

寝る前にコーヒーを飲むと良いことが…
・脳のリラックス効果
・血行促進させる。
・筋肉の疲れを和らげる。

コーヒーに含まれるカフェインが血行や代謝をよくして、
疲れをとってくれるそうです。

※ですが、飲みすぎには注意です。
飲みすぎてしまうと眠れなくなってしまう事があります。

ちなみに、寝る前に飲むコーヒーはホットの方がいいそうです。
アイスだと利尿作用がホットよりも強く動いてしますそうです。
なので、夜中にトイレへ行きたくなってしまうかもしれません。

また、ブラックではなくカフェオレが◎
ミルクには眠気を誘う効果があるためいいみたいです。

どのタイミングで飲むと効果的なのか、
それは、寝る30分前にゆっくり飲むといいとのことです。

続いて、寝る前のコーヒーは痩せるのでしょうか?

コーヒーにはカフェインが含まれている事はご存知だと思いますが、
実はカフェインよりも多く含まれているもがあるんです。
それは、ポリフェノールの仲間のクロロゲン酸です。

ポリフェノールには抗酸化作用があり、
体内についてしまい細胞を傷つけてしまう、活性酸素を、
取り除いてくれる効果があります。

コーヒーに含まれるポリフェノールには、
脂肪減少効果あるとのことです。

そのため、ダイエットに良いと言われているそうです。

ダイエットのために飲むのであればブラックでないと、
意味がないそうですよ。
また、寝る前ではなく、食前や入浴前がいいみたいです。

夜のコーヒーにはこんなメリットが?!

寝る前のコーヒーについてこれまでお話してきましたが、
寝る前ではなく、夜のコーヒーにはどんなメリットがあるのでしょうか。
少し調べてみました。

・消化促進させる。
・二日酔い防止。
・肝硬変リスクを低下させる。
・美肌効果。
・リラックス効果。
などがあるそうです。

【まとめ】

コーヒーを夜や寝る前に飲むことはいいそうですが、
飲みすぎはよくありません。
飲みすぎてしまうと、逆に太る事もあるそうです。

なので、1杯ぐらいにしておくのがいいと思います。
どうしてもカフェインが気になるようでしたら、
カフェインレスにするといいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする