断食を1日だけやってみたら効果ある?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プチ断食とか週末断食とか、初心者でも挑戦しやすい断食方法はダイエットのために始める人が多いですね。

本来の断食はダイエットのためじゃなく、精神的な修行とか健康のために行うものなのですが、気軽にできる断食で効果があればトライしてみたくなるでしょう。

色んな断食方法が次々に話題になりますが、今回は1日おき断食についてまとめてみました。

今までの断食方法では続かなかった人や、効果が得られなかった人はチェックしてみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

断食を1日おきにするという方法も!?

断食の方法には、1日3食の食事のうち、1食もしくは2食だけにして、大幅に摂取カロリーを減らすプチ断食が人気です。

気軽にできることや、空腹を長くガマンすることがないので、気軽にできるからでしょうね。

もう少し本格的な断食方法として、週末の3日間だけ集中的に断食する方法もあります。

月に1~2回、もしくは毎週末の断食は、体質改善やダイエットの効果が期待できるようです。

では1日おきの断食とはどういう方法で、どんな効果が期待できるのでしょうか。

1日おき断食の方法とは?

1日おきに断食する方法は、アメリカやイギリスで注目されている方法です。

1日おき断食の研究をしているチームがあり、方法は摂取カロリーとして目安になる基準の25%しか食べない日の翌日には、125%食べるというやり方です。

女性の場合だと、1日1800kcalくらいを目安にして計算してみましょう。

1800kcalの25%は450kcalです。
1800kcalの125%は2250kcalです・

これを目安にして、交互に食事のカロリーを計算するだけです。

年齢や身長、性別によって目安になるカロリーは違いますので、それまでの食生活を参考にして、基準になる数値を計算すると始めやすいと思います。

1日空腹に耐えた翌日は、しっかり食べられるので続けやすいことで始める人が増えています。

毎日の摂取カロリーを制限するダイエットをしているのと、ほぼ同じくらいのダイエット効果が期待できるようです。

1日おき断食の口コミをまとめてみました。

「週末断食は飲み会などで挫折するので、1日おきの方が継続しやすいと思いました。」32歳会社員

「2食置き換えのファスティングダイエットは空腹に耐えられなくてストレスがひどかったけど、翌日に好きなものを食べられるのでストレスが少なくて良かった。」29歳の主婦

「カロリーを記録するレコーディングダイエットをしていたので、カロリー計算する習慣があればとても簡単でした。」44歳パート

まとめ

1日おき断食は、始めやすく続けやすいというメリットがあり、専門知識を必要としないのも嬉しいポイントです。

本格的な断食に挑戦するのはちょっと自信がない人は、1日おき断食からはじめてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする