保育園に7時から預けるのは子供に負担?仕事と親のバランスに悩む

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供を育てながら仕事をする親は多いので、仕事と育児の両立を上手くしているママやパパは沢山います。

保育園に預けたり、親のサポートを受けたり、夫婦で助け合ったりしながら育児と仕事を両立させていると思います。

これから仕事復帰を控えているママは、保育園に預ける事への不安が大きくなっているでしょう。

長い時間、母親と離れることなく過ごしてきたのですから、最初は大変です。

慣れれば保育園で友達と過ごす時間も楽しめるようになると思いますが、あまりにも長い時間預けるのは子供も負担が大きいのではないかと心配になってしまうでしょう。

例えば職場が遠いので、通勤時間を考えると朝は7時に預けることになる。
それは子供に負担が大きいのでは・・。

そんな不安について考えてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤ちゃんも保育園で過ごすとストレスがたまるの?

保育園に預ける時間は、働き方によって違うので、幼稚園や小学校のように一律ではありません。

朝は9時までに登園して、お迎えの時間は17~18時くらいまでが平均的です。

フルタイムで親が仕事をしていて、18時までに迎えに行けないような家庭では、シッターや実家の親などがサポートしているようです。

保育園は0歳児から受け入れる園もあります。
1年以上の産休がとれない人や、自営業の人などは0歳児から預けることもあります。

赤ちゃんだから、保育園に長い時間いてもストレスを感じないわけじゃなく、慣れない環境で過ごすのは赤ちゃんも不安になりストレスを感じる可能性は十分あります。

朝7時から夕方18時まで保育園に預けると、11時間も保育園で過ごすことになり、家に帰ってもご飯を食べてお風呂に入る時間を確保するだけで精一杯です。

ママやパパと接する時間がほとんど作れなくなるので、子供のストレス以上に、親も寂しくなってしまうかも知れません。

子供と過ごす時間を考えて、出産を機に働き方を考え直すのも1つの方法だと思います。

0歳から保育園に預けて後悔したというママも。

子供が0歳の時から保育園に預けて仕事をしてきたママさんたちは、子供と過ごす時間を優先して、働き方を変えるべきだったと後悔している人がとても多いようです。

たしかに子供の成長はとても早いので、成長を近くで見守れなかったことを後悔する気持ちが湧いてしまうのでしょう。

0歳児から預けていると、トイレが上手にできた瞬間や、つかまり立ちや歩いた瞬間、はじめて言葉を発する瞬間などが保育園だった・・ということだって考えられます。

0歳児から保育園に預けて働かなければいけない事情があるのですから仕方ないことですが、先輩ママたちの声を参考にして、働き方を考え直してみても良いのではないでしょうか。

まとめ

保育園に朝早くから夜まで長い時間預けなければいけないシングルマザーの人もいますし、職業によっては夜間の託児所を利用しなければいけない人もいます。

それぞれの事情があるので、子供と自分にとってベストな方法を見つけていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする