Amazonの返品は着払いでいいの?送料をどっちが払うかは返品理由しだい

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お買い物をするにも便利で簡単になったネットショッピング。
私はよく『Amazon』を利用しています。(笑)

実際に商品が手元に届くと、商品が思っていたのと違ったり、商品に不具合があったなど…トラブルもありますよね。

そんな時、Amazonで購入した商品の返品や交換のやり方がわからないという方はけっこう多いのではないでしょうか?

【返品できるものと、できないもの】
自己都合でも、それを含めただいたいの商品は返品できるようです。
では、返品できないものってどのようなものがあるのでしょうか?

★自己都合で返品できないものリスト
・本や雑誌類
・ペット用品
・植物
・食品や飲料
・車やバイクのバッテリー
・ピアス、ボディピアス
・ドラッグストアやビューティー関連
・大型の家具や家電製品
・DIY資材
・Amazonパントリー
※ Amazonパントリーとは、食品や日用品など必要な分だけ購入すること ができる、Amazonプライム会員向けのサービスのこと。

★他に返品できないもの
・デジタルミュージック、ゲームやPCダウンロード商品
・プリペイドカード、イベントチケット、サービスチケット
・特注品、刻字入り商品
・Androidアプリストアで購入したアプリ内課金、アプリ、Amazonコイン
・金庫

スポンサーリンク
スポンサーリンク

amazon返品の送料はどっちが払う?

【元払いになる場合】
・自己都合による返品や交換
・衣服とファッション雑貨、シューズとバッグストアの商品でAmazonマーケットプレイ ス出品者が発送する商品 (出品者の返品ポリシーを確認する)

【着払いになる場合】
・商品が壊れているなどの不具合がある
・衣服とファッション雑貨、シューズとバッグストアの商品でAmazon.co.jpが発送する商 品
・腕時計、ジュエリーストア内で、Amazon.co.jpが発送する30万円未満の商品

もし「元払い該当商品」と「着払い該当商品」を同梱する場合には着払いになるようです。

詳しい条件はこちらから↓
★Amazon返品受付センター
https://www.amazon.co.jp/gp/orc/returns/homepage.html/?fg=1

Amazonの返品に普通郵便は使えるのか、を解説

返品する商品の梱包が終わったら、どの運送業者にするのかを選びます。
Amazonでは特に運送業者の指定はありません。
多く利用されているのは、日本郵便、ヤマト運輸、佐川急便の大手3社だと思います。
「これにしてください!」という発送方法の縛りはないので、ご都合に合わせて選んでください。

日本郵便を使う場合、ゆうパック、レターパック、定形外郵便などがありますが、
どれも使えるようです。
送料の安いものを利用するといいですね!

ただ注意しなければいけないのは、定形外郵便には荷物追跡サービスがないので、
もしもの時には返品ができなくなりますし、その分を損してしまうことになるので細心の注意を!

ちなみに…元払いに該当する商品を間違って着払いで送ったとしても
返品金額から送料が引かれるので心配はいりません。
というか、ごまかすことができません。(笑)

Amazonの返品は郵便局に持ち込みしても大丈夫?

返品商品をご自分で郵便局に持ち込むこともできますが、便利な集荷サービスもあるようです。
下記の集荷サービスを利用すれば、自分で書くのが煩わしい伝票の記載を郵便局側でやってくれるので、
荷物を集荷しに来る郵便局員さんに梱包した返品商品を渡すだけです。

Amazon.co.jp返品専用 日本郵便集荷サービス
★元払いの場合
https://mgr.post.japanpost.jp/link/spcAgrLogin.do?SITE_ID=2098
受付時間24時間

★着払いの場合
https://mgr.post.japanpost.jp/link/spcAgrLogin.do?SITE_ID=2099
受付時間24時間

★電話受付の場合
電話番号 : 0120-275-333 (携帯電話からは0475-38-3086)
受付時間 8:00~20:00

思っていたよりもずっと簡単に返品することができるのですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする