御朱印帳ってお寺と神社でわけるの?【すっきり解決】御朱印帳あるある

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

はじめに、御朱印ってなに?という方もいると思うので簡単に説明します。
本来はお寺で写経、納経して頂けるものでした。
墨で書かれた文字に印が捺されています。

現在はお寺だけではなく神社でも参拝すると頂けるようになり、国内外の観光客や日本の若い女性たちがたくさん参拝に訪れているようです。

御朱印は参拝した証に頂くものです。
それは寺社、神仏とのご縁と思って、礼儀と作法を弁えて感謝の気持ちで頂きましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

御朱印帳にお寺と神社で違いはあるの?

参拝に行ってみたくなったら、まずは御朱印帳を準備しましょう!
そこで疑問に思うことが…

お寺と神社で御朱印帳は分けた方がいいのか、一緒の御朱印帳でいいのか?
悩んでしまった方はたくさんいるのではないでしょうか。

御朱印をお寺と神社で1冊に頂くことは全く問題ないと言う方と、分けた方がよいと言う方がいます。

厳しいお寺や神社、稀に宗派の違いなどから1冊に混ざっていると断る寺社もあるようなので、事前にそのようなトラブルを避けるために、お寺と神社で分けておく方がいいかもしれませんね。

御朱印を頂く時、普通のメモ帳やノートにお願いするのはとても失礼になるので、
行くと決まったら事前に準備をしましょう

御朱印帳は寺社や大きな文房具店、仏具店で買うことができます。
御朱印帳専門のネットショップもあるようですよ!

御朱印帳の他に、カバンの中で御朱印帳が開いてしまったり、汚れや折り目がついてしまわないように、

カバー、ポーチ、ブックバンドなども準備して持っていくと便利ですね!
ハンドメイドが好きな方、得意な方は手作りしても素敵です。

マジで?御朱印を断られたという人も

御朱印を頂けない…断られる、参拝したのにどうして?って思いますよね。
御朱印はお寺や神社の書き手の方がいて、参拝した方が多いと出来上がるまでに時間がかかってしまいます。

寺社によっては、そのような時のために同じ内容のものを半紙に書いておき、それを渡しているところもあります。

でも書置きがない寺社の場合は、また次の機会に参拝して頂くしかありません。
あとはマナーの問題もあるようです。

スタンプラリーのように御朱印を集めることがブームになっていて、参拝もせずに御朱印を頂こうとする方も多いようです。

驚くことに!御朱印を頂く代行業もあるとか。

罰当たりですよね!

他には、参拝する方が多くて列になっているのに、一人で何冊も御朱印を頂こうとするのもマナー違反ですね。

頂ける時間も決められているので、その時間を守ることも大事です。
前もってきちんと調べて、礼儀作法の失礼のないように参拝をさせていただきましょう。

最初の方にもお話ししましたが、寺社、神仏とのご縁を大切に、
心穏やかに参拝をして、感謝の気持ちで御朱印を頂きたいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする