共働きで子育てはもう無理!と思ったときに試してほしいこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク

働きながらの子育ては本当に大変ですね。

「1日24時間では全然足りない!」と時間に追われている女性は多いのではないでしょうか?

『働き方改革』なんて叫ばれていますが、まだまだ子育てと仕事を両立させるのは簡単ではありませんね。

夫婦ともに忙しく時間に追われているのが現状では、家事育児の分担で衝突してしまうこともありますよね


ただでさえ疲れているのに、家庭の中がギクシャクしてしまうのは辛いことです。

楽しいはずの子育ても楽しめなかったら、その中で育っていく子どもにもいい影響を与えません。

そうならないようにするにはどうしたらいいのか?
ちょっとだけ忙しい手を休めて読んでいただけたらと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

共働きで子育ては辛い?今日あった楽しいこと3つを記録する

仕事と育児の両立は「大変で辛い」と思ってしまう気持ち、よくわかります。

でも、共働きでのこんな良いところもあるのですよ!

専業主婦と違って家庭以外に自分の居場所があることで、イライラやモヤモヤした時に、その気持ちをリフレッシュすることができます。

家ではなかなか落ち着いて食べられない食事、外に出ているとゆっくり食べられます。

美味しいスイーツやコーヒーにちょっぴり幸せを感じたり…(笑)

そんなちょっとした幸せを見つけてみてください。

家庭でも家族と一緒に過ごしている時に楽しいことがあって笑いあったり、嬉しくなったり…

時間に追われて、そのちょっとした幸せな瞬間を見逃していることも?

1日の中でその楽しかったことや嬉しかったりしたことを3つ、何かに記録してみませんか。

続けていくうちに3つだった楽しいことが、もしかしたら5つも6つもあったことに気づくことができるかもしれません。

共働きで子育てをしているとぶち当たる問題と解決策

ここまで共働きと子育てが大変だとお話してきましたが、では実際にどのような問題があるのでしょうか?

家庭によって問題になることが違うと思いますが、いろいろ調べた中で多かった2つを取り上げてみました。

★子どもが体調不良になった時

保育園などに預けていると、どうしても風邪などの病気をもらってきてしまいますね。

熱が出て保育園を休まなければならなくなると、仕事も休まなければなりません。

また、仕事中に熱が出て呼び出されることも…

そのような時、普段から夫婦でお互いのスケジュールをちゃんと確認しあうことが大切です。

おじいちゃん、おばあちゃんが近くに住んでいるのであれば、お願いすることもできますね。

その場合に快く手伝ってもらうためには、普段から孫と過ごす機会をたくさん作ってあげてくださいね!

子どもにとっても、おじいちゃんとおばあちゃんが安心できる存在であることが大事です。

おじいちゃん、おばあちゃんは (私もですが) 可愛い孫には弱いものです。(笑)

★子どもに接する時間が少ない
フルに働いていると平日は、子どもと一緒に過ごせるのは就寝前の少しの時間になってしまいます。

それは働くと決めた時からわかっていることだと思いませんか?

心配しなくて大丈夫です。

その短い時間の中でも子どもに愛情はちゃんと伝わります。

帰宅後は家事に追われて…と聞こえてきそうですね。(笑)

でも、子どもとの時間はちょっと意識するだけでも作ることができます。

働きながらの子育てで一番手を抜けるのは『家事』ではありませんか?

主婦歴30年の私はこう考えてます。

『家事をしっかりこなす』は疲れちゃう。
『家事を上手に手抜きする』でいいのです!

例えば、掃除機は毎日かけなくても大丈夫です。気になるところはコロコロで…(笑)

トイレ掃除やお風呂掃除は、かけておいて流すだけの洗剤だってあります。

洗濯物はハンガーに吊るしたまましまえるものは、畳む手間がなくなります。

それに疲れた日は、子どもを寝かしつける時に一緒に寝ちゃっても大丈夫ですよ~!

頑張りすぎて自分に余裕がなくなり
夫や子どもにイライラした態度で接してしまうより、

家事がちょっとくらい手抜きでも、ママがいつも優しく笑っている方が子どもは嬉しいに決まってます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする