赤ちゃんのお座りっていつから?うちの子まだお座りしないんですが

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

育児をされているママさん、今日もお疲れさまです。
赤ちゃんを育てるって本当に大変ですね!

子どもの成長はとっても早く、特に赤ちゃんは

毎日びっくりさせられるほど成長を感じられるのではないでしょうか?

ずっと寝んねだった赤ちゃんも3ヵ月くらいになると首が座って

次は寝返りをするようになり、

うつぶせの姿勢でも遊べるようになります。

手足の動きも活発になって、次はいよいよお座りかも?

と楽しみで目が離せませんね!(笑)

赤ちゃんがお座りできるようになるのはいつから?

と気になっているのではありませんか?

ママさんが気になるお座りのいろいろを探ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤ちゃんのお座りはいつから?

赤ちゃんがお座りをするようになる時期は

生後6~7ヵ月頃が目安になっています。

しかし発達には個人差があり

7ヵ月になってお座りできる赤ちゃんは全体の75%なのですって!

ですから7ヵ月になってお座りができていなくても

ほとんどの場合は心配しなくても大丈夫なようです。

この時期になると赤ちゃんが仰向けで自分の足をつかんだり

口元にもっていったりして遊ぶようになりますよね。

小児科医のお話では、重力に逆らって腕を上げ、

足をつかむということは首がしっかりすわり、

背中の筋肉が発達してきているということのようです。

そして、この手足を自由に使えるようになることが、

お座りへの前段階なのです。

では、赤ちゃんのお座りに練習は必要なのでしょうか?

赤ちゃんのお座り、練習させたほうが良い?

赤ちゃんの首がすわったら、

今までの横抱きから縦抱きにしてあげましょう。

そうすることで視界が広くなり、

ママの姿はもちろんですが、

もっといろいろな世界を見ることができ好奇心を刺激します。

はじめのうちはバランスを取るのが難しく

手を前についた状態で倒れやすいのですが

腰がすわってくると上手にバランスが取れるようになりますよ。

それまではパパさん、ママさんの膝の中に座らせたり、

授乳クッションなどを使って、赤ちゃんを左右

そして後ろから支えてあげてくださいね。

赤ちゃんによっては座ることを嫌がることもあるので

その場合には急がなくてもいいのです。

お座りは成長していく段階で

個人差はありますが自然とできるようになるので

練習は必要ありません。

もし10ヵ月を過ぎてもお座りする様子が見られなければ

一緒に遊びながら少しずつお座りに慣れてもらい

お座りすることは楽しいと経験させていきましょう。

赤ちゃんがお座りで前に倒れる、これってどうしたら・・

前でもお話ししましたが

お座りができるようになっても

腰がすわるまでは上手にバランスが取れなくて

前に倒れてしまうこともあります。

腰骨が安定するのは8~10ヵ月頃と言われているので

徐々に手をつかなくても上手に座れるようになるのです。

まだ上手に座れない時期はクッションや布団などを置いて

赤ちゃんが倒れても痛くないように気をつけてあげましょう。

床にリモコンなどの硬いものも置かないように

お座りさせる周辺の片付けにも注意が必要です。

座れるようになると周囲にあるおもちゃにも手を伸ばします。

この時期は何でも口に入れてしまうので

おもちゃの大きさにも気をつけてくださいね!

母子手帳に記載されている『チャイルド・マウス』を活用するのもいいですよね。

(注:この画像は縮小していますので実寸サイズではありません。)

お座りについていろいろお話ししましたが

成長には個人差があるのであくまで目安として

覚えておいてくださいね!

お座りをさせたくて無理強いするのではなく

座ると楽しいことがたくさんあるということを経験していくことが大切です。

何事も赤ちゃんのペースに合わせ、温かく成長を見守っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする