大きなぬいぐるみの洗い方 そうだ!コインランドリーに行こう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お気に入りのぬいぐるみ

そばに置いておきたくてお部屋に飾っているけれど

ずっと置いていると少しずつ汚れて・・・

小さいぬいぐるみなら洗濯機で洗えるけれど

大きなぬいぐるみは洗濯機に入りません。

でも、買った頃のように綺麗でフワフワにしてあげたい!

そこで、大きなぬいぐるみの洗い方や乾かし方を紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

洗う前にぬいぐるみの素材やパーツをチェック

洗濯機に入らない大きなぬいぐるみは

時間はかかりますが手で洗ってあげます。

ですが、その前に水洗いしても大丈夫なタイプなのかを確認する必要があります。

水で洗えないぬいぐるみとは?

・革製品
・色落ちする素材
・電池使用などの機械が入っている
・目や鼻などのパーツにボタンが使われている
・つなぎ目に接着剤が使われている
・中綿にポリエステル、ビーズ、パイプ以外の素材が使われている

このように家では洗えないぬいぐるみは、専門のクリーニング店にお願いしましょう!

ぬいぐるみを自分で手洗いするときの洗い方は?

ぬいぐるみを洗う時はぬるま湯で洗います。

熱いお湯では素材の質感が変わり、手触りが悪くなります。

・ぬいぐるみ全体にぬるま湯をかけて濡らします。

・浴槽にぬるま湯を溜めて洗剤を入れ、その中にぬいぐるみを入れます。

・優しく押し洗いをしてください。

力任せに洗うと、形が崩れてしまうので気をつけてくださいね!

・汚れが落ちたら、浴槽の水を最低3回は取り替えて、洗剤をしっかり落とします。

・洗いが終わったら浴槽にまた水かぬるま湯を溜めて

次は柔軟剤を少量入れます

その中にぬいぐるみをつけてください。

・少し時間を置いたら、先ほどと同じように水を取り替えながら余分な柔軟剤を落とします。

ここまでが洗いの手順です。

けっこうな重労働ですよね。

ぬいぐるみを生乾きにしない乾かし方

洗い終わったぬいぐるみをバスタオルでくるみ

優しく水分を吸い取ってください。

干す時には、ぶら下げてしまうと型崩れの原因になってしまうので

洗濯ネットなどを使いハンモックのように置いて乾かします。

場所は直射日光の当たらない

風通しの良い所に干しましょう!

早ければ1日ほどで乾くのですが

気温の低い時期には3日くらいかかるかもしれません。

その乾かしている間に、ぬいぐるみの向きを上下反対にすることを数回してあげると
乾くまでの時間が早くなりますよ。

乾いたら最後に、濡れたことで固まってしまった

繊維表面の毛にブラシをかけ毛並みを整えて完了です!

家でぬいぐるみを洗うのは本当に大変ですよね。

コインランドリーでぬいぐるみを洗うのは禁止されてる?

洗濯が可能なぬいぐるみであれば

コインランドリーの布団を洗える機械を使って洗うこともできます。

しかし、ぬいぐるみの形や素材によっては禁止しているところもあるので、

コインランドリーの運営をしている会社に問い合わせをしてからにしましょう。

コインランドリーで洗う場合には

布団用の大きなネットに入れてください。

もしも洗濯途中でぬいぐるみが破けてしまったら

部品や繊維で機械を故障させてしまう恐れがあるからです。

機械はとても高額ですから

もしものことを考えてネットを必ず使用してくださいね。

洗ったらそのまま持ち帰り、さっきの乾かし方をします。

ぬいぐるみは熱に弱い素材や部品が使われていることが多いので

コインランドリーでの乾燥は避けた方がいいでしょう。

やっぱりぬいぐるみが生乾き・・・こうやって乾燥させれば大丈夫

ぬいぐるみを洗ったら、中までしっかり乾かすことが大事です。

生乾きのままで長時間経過すると

ニオイやカビが発生してしまうからです。

乾いているかをチェックするには

ぬいぐるみを押してみて表面に水が染み出てきたり

手が濡れなければ大丈夫です

もし早く乾かしたいのであれば

扇風機やドライヤーの風に当ててあげると早く乾きますよ!

(注:ドライヤーを使う時には、温風ではなく冷風にすること。)

まとめ

ぬいぐるみを家で洗うのは時間もかかり大変ですが

コインランドリーで洗うことはぬいぐるみにとってはダメージが大きいです。

いつも癒してくれるぬいぐるみ、ずっと大切にしたいですよね。

コインランドリーやクリーニング店でも洗えるけれど

ぬいぐるみのためには家で手洗いすることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする